鉄道模型製作所のロゴ

転車台9度バージョン製作(Nゲージ)その15 線路の製作

2021年4月12日カテゴリー: ブログ

転車台のピットを囲む線路(名称が不明←ネットで調査中)の製作にかかります。1ステップが9度ですから、360度/9度=40セット必要になります。すなわちレールの本数は80本です。こんな感じで配置されることを想定して線路の形状をイラストレータで設計しました。線路の間隔が狭いので枕木を互い違いにし、その上でピットに近くなるに従って枕木の両端を多く切り取る必要があります。線路はKATO製のフレキシブルレールを使用しました。

 

レールの長さは40mmにしました。長さを測りながらの調整は結構大変なので下のような治具を鉄の材料から作りました。最初にレールをおよそ40mmを少し超えるくらいの長さで切断しておき、これをバイスで挟んで両端を40mmにやすりでそろえていきます。治具は焼き入れしていない鉄ですので、わずかながらですが、削れていくので耐久性はありませんが、なんとか80本位は耐えました。

 

そして長さを40mmにそろえたレールが80本+αができました。気長にこつこつと作業して、約3時間位で仕上がりました。