鉄道模型製作所のロゴ

転車台9度バージョン製作(Nゲージ)その12 ピット底板

2021年3月15日カテゴリー: ブログ

ピット底板は1mmのアクリル板をレーザーカットで製作しました。後で取り付けるレール用の目印として、薄くレーザーで線を引いています。

ピットと底板を仮組みして、どんな感じか様子を見てみました。ピットが若干浅く、その割にレールの背が高いので違和感があり、もう少しピットを深くすることにしました。下の写真はピットを3mmと1mmのアクリルを張り合わせて作りましたが、3mmアクリル板を2枚張り合わせて作り直すことにしました。せっかく作ったピットでしたので、もったいないですが、後から後悔するのもイヤですので決心しました。

ピットを3mmのアクリル板2枚を張り合わせて作ったものを上記と同様に様子を見てみました。写真ではよく分からないかもしれませんが、上の写真よりは感じがよくなりました。本来はレールと枕木を作る材料を0.5mmくらいのアクリル板を使いたかったのですが、入手できませんでしたので、今回の処置としました。