.

鉄道模型製作所のロゴ

アオシマ DD51標準仕様。車体製作2

2020年6月9日 カテゴリー: ブログ

 組み立てた部品に、サーフェイサーを吹きつけました。地の橙色を消すのに、結構吹き付けの必要がありますが、塗料の消費もかなりのもので、ある程度のところで妥協しました。

 この後、指定の色で塗装しました。薄緑色の指定が結構多くて、調合していた塗料がそろそろなくなりそうです。この色はよく使うので、クレオスのビン2本分くらいは一気に調合しておいたほうがよいかも。

 車体の土台部分(上の写真の下の大きな部品)は、つや消しの黒、橙色、薄緑色に塗りわけするようです。急いで塗って間違えると、後で後悔しそうなので、ネットで他の人の製作記を調べながら、塗り分ける箇所を確認して塗装する予定です。ということで、今回はここまででした。