鉄道模型製作所のロゴ

転車台9度バージョン製作(Nゲージ)その19 ガーダー製作2

2021年6月18日カテゴリー: ブログ

ガーダーの骨組みができたので、この上に線路を設置します。線路はガーダーの中央に正確に設置する必要があるため、簡易的なゲージを作り、これを使用して位置合わせを行いました。

3mm厚アクリル板の端材があったので、いつものように、イラストレータで絵を描いて、レーザーカットでカットしました。下の画像の上が線路用で、下がガーダー用です。この両者を合わせて位置決めします。位置決めは両者の4隅の正確な位置にピン用の穴をあけていますので、ピンを差し込むと位置がピッタリと合うはずです。

線路用ゲージにはまっているのはKATOのフレキシブルレールを予め指定の長さにカットしたものです。下は前回製作したガーダーです。

両者を重ね合わせて、ピンで位置合わせすると下のようになります。

線路を仮止めするために、アクリルの板を座金にして、両端付近をねじ止めします。ねじ止めはあくまでも仮止めですので、転車台の停止位置の調整後は接着剤で固定した後、ねじを取り外す予定です。

ゲージから取り外したガーダーはこんな感じになりました。たぶん中心は出ていると思いますが、あとの転車台停止位置の調整作業で、線路位置の微調整をしたいと思います。