鉄道模型製作所のロゴ

アオシマ DD51標準仕様。ヘッドライトの修正

2020年9月1日カテゴリー: ブログ

 

ヘッドライトのLEDを結線して取り付けてあったのですが、光らせてみると下の画像のように樹脂の部分や、LEDの裏側から光がかなり漏れて、この光が上部のファン排気口から漏れるのを発見。これは遮光しないとまずいと思い、すでに接着していたヘッドライトの固定部品をはがして、光が漏れる部分をエポキシの樹脂で覆いました。

 

上の写真がエポキシ樹脂で固めたところですが、これでも光が漏れるためブラックで塗装しました。これを再度接着したのが、下の写真です。これでようやく光の漏れがなくなりました。

時間があったので、運転室を台枠にとりつけました。いろいろ作業している間に外れてしまった、椅子や遮光板、網棚を再度接着しました。

最近、接着にはゴム系接着剤Gクリアをペイント薄め液で薄めたのをよく使用しています。原液で使うと、糸を引いたり、すぐに硬くなってしまうので扱いにくいのですが、ペイント薄め液で薄めると塗りやすく、固まった後は結構粘りがあって、部品が外れにくいと感じます。下の写真の窓ガラスも同接着剤を使いました。ペイント薄め液は塗膜を侵食することがないようです。