.

鉄道模型製作所のロゴ

ブログ、お知らせ

アオシマ DD51標準仕様 作業中に小物部品が外れる件

2020年9月28日 カテゴリー: ブログ

作業中に別の箇所に集中すると、小物部品に指が触れ、部品を外してしまうことがよくあります。特に床下の配管の小さいものは要注意です。説明書通りでなく、そこそこ完成してから、接着したほうがよいかもしれません。下の写真は手前の小さな部品から伸びているパイプ状の部品が折れました。 下の写真は手前の丸い筒状の部品の右横にある2つの突起物に接着する部品が何回も取れてしまいました。従って、

アオシマ DD51標準仕様 エンジンが外枠のカバーと接触する件を修正

 カテゴリー: ブログ

カバーに当たる側のエンジンの高さが少し高いようです。エンジンの上部についている部品の取り付け位置が少し高く、組み立て誤差が積み重なっているようで、再度それら部品を取り外して、再度丁寧に組み立てました。これで0.5mmほど低くなりましたので、再度エンジンを設置して、カバーを置くと、大分ましにはなりましたが、まだ若干当たり気味で、もう少し低いほうがよいかと思い、仕方なしに下のようにベースをコ

アオシマ DD51標準仕様 機械室のカバーを置いてみました。

2020年9月14日 カテゴリー: ブログ

エアタンクやバッテリーの上蓋を取り付けたところで、機械室のカバー(ボンネット?)を載せてみました。ファンの上部、側面の金網は、作業中につぶれると困るので、まだ取り付けていません。マニュアルによるとボンネットの3つのパーツのうち先端のパーツ(冷却室)を接着剤で固定し、残り2つは取り外し可能のようです。 そのついでにエンジン、変速機、空気圧縮機を載せてみました。載せてみ

アオシマ DD51標準仕様。圧縮機タンク等取り付け

2020年9月10日 カテゴリー: ブログ

圧縮空気のタンクやバッテリー及び、それの囲い?を取り付けました。それとまだ取り付けてなかった屋根も載せてみました。大分格好がついてきました。 時間があったので車体端部の手すり等の組み立てをしました。塗装をしながらの作業でした。

アオシマ DD51標準仕様。ヘッドライトの修正

2020年9月1日 カテゴリー: ブログ

ヘッドライトのLEDを結線して取り付けてあったのですが、光らせてみると下の画像のように樹脂の部分や、LEDの裏側から光がかなり漏れて、この光が上部のファン排気口から漏れるのを発見。これは遮光しないとまずいと思い、すでに接着していたヘッドライトの固定部品をはがして、光が漏れる部分をエポキシの樹脂で覆いました。 上の写真がエポキシ樹脂で固めたところですが、これで

アオシマ DD51標準仕様。運転室とりつけ失敗編

2020年8月20日 カテゴリー: ブログ

台枠に運転室を取り付けようとすると、最後まではまらず、どうもしっくり来ないので、いろいろ悩んだ結果、おそらく、運転室の床板あたりがあたっているのではないかという結論に至りました。  運転室についてはLED照明の光が隙間から漏れる部分があり、アルミテープの遮蔽が不十分のようで、この部分も気になっていたので、運転室を再度ばらしてみることにしました。下の画像がばらしたあとの運転席ですが、アルミテ

アオシマ DD51標準仕様。ボディー塗装(白ラインその2)

2020年8月3日 カテゴリー: ブログ

前回の更新でボンネットの白ラインの完了後の画像投稿ができなかったので、今回投稿します。 この後、エッチングパーツの貼り付けに取り掛かりました。 下の画像はエッチングパーツとエッチングパーツを貼り付けた部品の塗装中の状態です。サーフェイサーまでスプレーしています。 下の画像は塗装後の状態です。左上のパーツは裏をいつもの薄緑色で塗装しています。エッチ

アオシマ DD51標準仕様。ボディー塗装(白ライン)

2020年7月29日 カテゴリー: ブログ

次に白いラインの塗装です。最初にグレーと朱色の部分をマスキングします。ライトのところがアールになっているので、いろいろ考えたあげくに、模型屋さんで、直径が異なる、丸いマスキングテープがシール状にセットになっているものを見つけましたので、これを使うことにしました。円い部分を除いた穴の部分を縦横均等に4つに割って使用しました。そしてホワイトをエアブラシで吹きつけました。

アオシマ DD51標準仕様。ボディー塗装

2020年7月13日 カテゴリー: ブログ

いよいよボディー色の塗装です。機械室?のカバーは裏を薄緑色に塗っていますから、ここに色が回らないようにマスキング。それと最初にグレーを塗るので、朱色と白帯の部分をマスキング。下の画像はマスキングした状態です。ボディーは3つの部品で構成されていますが、マスキングテープで仮止めした状態です。 これにグレーを塗るとこんな感じになりました。 次に朱色を

アオシマ DD51標準仕様。空気圧縮機等を取り付け

 カテゴリー: ブログ

以前、塗装してあった空気圧縮機等の装置を機関室に取り付けました。 その後、燃料タンクを床下にはめ込みました。これは接着でなく、カッチという引っかかりがあるので、そこに押し込むようです。 時間があったのでボディー色のオレンジ色を調合しました。マニュアルでは、オレンジイエローが4に対し、シャインレッドが1の比率で調合するようです。赤の影響がでやすいようで、